CIAに雇われた傭兵の話(後編)

こんにちは、今回は引き続き「非日常シリーズ」第二弾、CIAに雇われた傭兵の後編です。

さて、前回英国がアンゴラ内戦時に送った3つの別々の傭兵部隊はイギリス人10人、アメリカ人3人で結成されていたとお話しましたが、そのアメリカ国籍3人のうちの一人が知人のGさんです。このGさんは、アルゼンチン生まれのアメリカ国籍です。

さて、国が表向きに直接軍事介入できない場合は裏で傭兵を送るのが一般的ですね。現在の内戦が長く続くシリアだってそうです。つまり、傭兵とは個人的に金銭や報酬などの利益により雇われ、直接に利害関係の無い戦争に参加する兵またはその集団です。英語では「Mercenary」と呼びます。最近は、民間軍事会社*のような新しい形態の傭兵も登場しています。

*民間軍事会社とは、直接戦闘、要人警護や施設、車列などの警備、軍事教育、兵站などの軍事的サービスを行う企業であり、新しい形態の傭兵組織である。(ウィキペディアより)

バチカンの警備だってスイスの傭兵です。(バチカンとスイスだけ国旗が正方形ですね)

swiss_guard

さて、時代は1976年、北部アンゴラ。FNLA率いるG傭兵を乗せた12台のトラックがキューバ軍の伏兵にアンブッシュ(待ち伏せ)攻撃を食らい、ほぼ全滅しました。

Gさんは後尾のトラックに乗っていたため、片足の付け根から膝まで機関銃で撃たれても、とっさにトラックから転げ降り、這って茂みに隠れたそうです。一部始終を茂みの中から見守るGさん。「このまま、茂みに隠れてどうする?どうせ死ぬ運命」と思ったそうです。たしかにこのままでは、敵が去っても、傷口から腐って死ぬ運命。一か八かで、茂みから這い出たそうです。

キューバ軍に銃口を向けられ、Gさんがとっさにスペイン語で言った言葉は、

「俺はアルゼンチン人だ。お前らはキューバ人だろう。忘れたのか!お前たちキューバ人は偉大な Comandante(チェ・ゲバラの別名)と共に戦ったのを!!!」

それを聞いたキューバ人達は、Gさんを殺さず、捕虜として他の生き残り数人と共に連れて行ったそうです。(よくもまあ、絶体絶命ピンチにそんな事が瞬時に思いついて言えるよね ^^;)

ちなみによくヨーロッパでは「チェ」のTシャツなんか着てる人いますが(Jay-Zも)キューバ系の多いマイアミでは絶対やめてくださいね。危ないですから。いつか機会があれば、キューバ革命、カストロ、チェ、アメリカに住むキューバ人の話も紹介します。視点を変えればまた違った姿が見えます。

Jay Z wearing a Che Chevara t-shirt

angola2

さて、戦争犯罪者として、捕まった合計13人の傭兵の裁判(ルアンダ裁判)が始まりました。13人のうち、16年の実刑判決3人、24年の実刑判決3人、30年の実刑判決3人、残り4人は死刑を宣告されました。Gさんは死刑を免れ30年の実刑判決。それはGさんが「俺たちは新札で支払われ、アメリカ製の武器を持たされたんだ。俺たちの雇い先はCIAに決まっているだろう、アンゴラ北部にCIAが潜入してる」と証言したからです。生かす価値があったのでしょう。(実際そうだったみたいです)Gさんは当時27歳でした。

angola5

1882年にはアメリカ政府の交渉の末、互いの囚人の交換でGさんと、もう一人のアメリカ人の傭兵は帰国しました。(イギリス人傭兵捕虜は1884年に交渉の末、英国に帰国してます)ちなみにGさん一人に対してアメリカ政府は囚人3人交換しなくてはいけなかったそうです。

さて私が初めてGさんとお会いしたのは2007年でした。今だからこそ、恐ろしい遺伝子組み換え食品や「モンサント社」といった事実は意識の高い人も多くなたので知られた話になりましたが、10年前は、そんな話はまだ一般人にとって未知の世界でした。でも、Gさんはすでに10年前に一所懸命「種のない野菜や果物の危険性」を説いていました。さらに興味深いことも言ってました。それは私たち人間は「サルが進化したのではなく、爬虫類が進化した形」とも言ってました。

Gさん:「ほら鏡で自分の顔を見てごらん、あなたはなんて美しい爬虫類」

夕食ディナーの場だったので、皆さん笑い転げてましたが、私たち人間も、爬虫類も、哺乳類も、形が形成された時って、スタートは皆同じ爬虫類のような姿ですよね。。。

ではまた次回。

広告

CIAに雇われた傭兵の話(後編)」への5件のフィードバック

  1. Genchan

    すみません(^_^;)))誤送信しちゃいました。
    僕的には、CIA やNSAが普段どんなことをしているかを想像できたのでよかったですよ!
    映画の中なのでどこまで本当か分かりませんが、勤めている人たちは意外と気持ちや精神は僕らと変わらないんだな~とも思いました!
    ただ旦に仕事の一環で暴露されているようなことをやっている印象です。

    いいね: 1人

    1. なかなか、俳優のジョゼフ・ゴードン=レヴィットが実際のスノーデン氏に似てるね。是非、見てみます。(^O^)

      いいね

  2. Genchan

    Gさんの即興の言い回しスゴいですね!窮地でそれが言えるってところが、
    流石CIAに雇われてるな~って思います!
    僕、今年上映したスノーデンを見ましたが、彼らはめっちゃ優秀だと思います。僕らの想像の斜め上を軽々しく行きますね!

    いいね: 1人

    1. 実は「スノーデン」まだ見ていないのよ。良かった???
      一応、こっちではレンタルできるので、いつも見てみようと思うんだけど、
      では、サンクスギビング終わったら気合い入れて見てみるね(^^)

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中