銀行は地方銀行をお勧め

こんにちは、今回はアメリカの銀行についてです。

アメリカに長期で滞在する場合、銀行口座を開設した方が便利ですよね。以前は特に審査も厳しくなく誰でもアカウントを開設することが出来ました。現在は身分証明書、住所の証明書(免許書が望ましい)ソーシャルセキュリティー番号等を要求されます。

有名どころの、Bank of America、Chase や CITI などは最低残高額も大きいと思いますし、そういった巨大な銀行は大きすぎて顧客も多く、もしあなたが都会に住んでいるわけではないのなら、地方銀行をお勧めします。私はわざと、地方銀行を選びました。すると規模も小さくコミュニティを大切にするので顔も覚えてもらい、いざと言う時、もしかしたら融通が利くかもしれません。(実際に何度か利きました)これは大事です。

私が驚いたのは、日本の銀行の正面ドアです。日本の銀行のドアって自動ドアだったりするじゃないですか!日本では、あまり銀行強盗なんか起きないと思うので、自動ドアでもOKですが、アメリカではあり得ません。(二重になっているケースが多いです)ヨーロッパなんかはもっと徹底してて、ドアも小さく設計されていて、ギリギリ2人入れるぐらいの小ささで、更にドアも二重になっていて、片方のドアが閉まらないと、もう片方のドアが開きません。

私の知人が朝、銀行に電話したら誰も電話に出なくて、不審に思ったら、あとで銀行強盗が繰り広げられていた最中だったと言う事が判明したという話も聞いたことがあります。(大きな街でしたが)銀行の方は保険があるからいいですが、皆さんも気をつけてください。ちなみにアメリカで現金や高価なものを輸送する「Dunbar」という会社は有名です。絶対に2人ペアになっていますし、拳銃所持を認められています。

ではまた次回。

広告

銀行は地方銀行をお勧め」への2件のフィードバック

  1. Genchan

    融通が効くことって大切ですよね。
    「思いやり」を感じますね(“⌒∇⌒”)

    これからの時代に必要不可欠な心ですので、そういう店や人を大切にしたいですね♪

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中