国歌斉唱、MY BEST 5

こんにちは、今回は私の選ぶ、アメリカ国歌「The Star-Spangled Banner・星条旗」の歴代ベスト・パフォーマーを5人セレクトしてご紹介したいと思います。もちろんセレクトの標準に個人差があると思いますが、ナンバーワンは、誰もが納得すると思います。これはもう歴代語り継がれていていますね。

ちなみにこのアメリカの国歌は、1814年9月に当時35歳の詩人・弁護士のフランシス・スコット・キーによって書かれました。時代が米英戦争真っ最中ですから、歌詞には「砲弾」とか「敵の軍勢」とか「戦争」や「血」なんという単語が出てくるのですが、私たちの日本の国歌「君が代」とは全然意味も曲のテンポも違いますね。

national

でも、ここまでアレンジ可能な国歌もなかなかないと思いますが、たまにアレンジが凄すぎて、もはや何の曲だか?という感じもするときがあります。でも、流石、新しい国、アメリカ、そんなの全然OKです。中には歌詞を間違えたツワモノも(クリスティーナ・アギレラ)。これまた違った意味で、歴代語り継がれることでしょう。

#1.YOU ARE THE BEST!!! 伝説のホイットニー・ヒューストン。あなたを越える人はいない!1991年の第25回スーパーボウルで。

#2.ジェニファー・ハドソン。母と弟が殺害されるという事件後、活動を休止していた彼女が復帰を果たした、2009年のスーパーボウルでのパフォーマンス。

#3.完璧な私の趣味でマーヴィン・ゲイ。これは本当に国歌なのか???でも好きだから許す。

# 4.一応ランクに入れておいたマライア・キャリー、去年のNYタイムズスクエアでのカウントダウンでは声が出なくてステージから逃げたぞ。

#5.決して嫌いではない、スティーブン・テイラーの国歌。彼はロックなの、許してね。

さて、アメリカでは国歌を歌うことに任命されるのは名誉なのですが、特にアーティストたちはスーパーボウルでの国歌パフォーマンスは子供のころからの夢だそうです。もちろん素人の素晴らしいパフォーマンスもありますが、今回はあくまで私のベスト・セレクト5でした。この頃のスーパーボウルは何処に行ったのでしょう?

こちらが現在のNFLです。国歌ボイコットです。

nfl_kneel_down

「自虐史観と霊操教育」の記事はこちらをクリック

最後まで読んでくれたあなたに、私からあなたに秘密のサイトを教えます。今回、YouTubeの動画を沢山載せましたが、あなたの好きなYouTubeの動画をダウンロードできます。こちらのサイトでダウンロードできます。こちらをクリック

Youtube

ではまた次回。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中