自虐史観と霊操教育

こんにちは。アメリカでは今、トランプ米大統領のNFL*に対しての発言にメディアが集中してます。嗚呼、日本にもこんなに自分が言いたいこと言える政治家が出てほしいものです。

*NFL=全米ナショナル・フットボールリーグ

日本も大東亜戦争(あえてそう呼ぶ)に敗れて以来、およそ70年にわたって徹底した自虐史観が植え付けられましたが、最近は国際的スポーツ大会の場で日本が活躍したりと、若い人たちは自信をもって国歌を歌い始めました。世間はまだまだ反日の風が強いですが、ここまで来るのに70年も費やしました。これは日本を潰したい勢力がある意図をもって作った自虐史観だからです。そしてこの長い間私たちが苦しんだ自虐史観が今、アメリカで起こされてます。

今回のNFL選手らが試合前の国歌斉唱時に膝をつき、抗議の姿勢を示したことや(表向きには人種問題を掲げていますが)有名な歌手、ジョン・レジェンドが「アメリカの国歌はよくない曲」発言したり、色々国家分裂を企んでいる勢力が存在するのも事実。日本は精神をたち直すのに70年かかったけど(まだまだですが)アメリカは一度分裂したら、もっと精神復活に時間がかかると思います。それは、もともと移民の国だからです。分裂とは物質的なこともありますが、(例えばカルフォルニア州が独立を願っていたり)この国家分裂を企てる勢力は内側から侵入して文化破壊、精神破壊を得意とします。つまり霊操教育を得意とします。ですから是非アメリカには国を分裂されないよう頑張ってほしいものです。

ではまた次回。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中