私のアメリカの旅(2)

続きです。
前回の記事を読んでいない人は↓からどうぞ

私のアメリカの旅(1)

さて、ただ一人の先生の決断の為(交換留学で来た訳であって、クラスの単位とか関係ないし、卒業するわけではないのに!と説明しても通じなかった)私の授業スケジュールを一気に変更させられ、突然中途半端にクラスを辞めたり、他のクラスに編入したり。。。そんなストレスを一人抱えていた時、そんな細かい事情を知るはずのない日本にいる母は、私が闇に包まれている夢を見たそうです。お陰で当時まだ若かった母はその時一気に白髪が増えたそうです。

それから少し時間が経過し、ようやくアメリカの生活にも、学校にも、ファミリーにも慣れ始め気分も明るくなり始めた頃、母は今度は私が楽しんでいる夢をみたそうです。血って水よりも濃いとは言ったものです。

このEF Foundationという留学機関は本社がスウェーデンにあるため、ヨーロッパ人の留学生も多かったです。特に私の滞在先のVirginia Beachには、主に北欧出身の学生が集まりました。ドイツ人の子は結構訛りがありますが、北欧の子たち(デンマークも含め)の英語はアメリカ人並みで、私がアメリカの学校の授業に四苦八苦しているとき彼らは(男の子たちは)アメリカで車の免許を取得してました(笑)なんか彼らの「アメリカ留学の準備」が私たち日本人と違うなと思った瞬間でした^^; なので、私が大学の時、再渡米したとき真っ先に興味があったのがアメリカで免許を取得する事でした。機会があれば、アメリカの車の免許の事情も紹介していきたいと思います。

こんな感じで私の高校留学のハイライトを紹介しました。苦労は買ってでもしろと、言いますが、まさに当時18歳だった私は「これ以上人生で辛いことなんかないよきっと」と妙な自信につながりました。現在の私から見たら「プッ^^何悟ってんだよ~」と笑ってしまいますが、当時はそれで十分だったと思います。帰国して一年弱、日本で働いてお金を貯めて、今度は大学の為渡米しました。でもそんな自信がその後大胆に自分を変えてくれることになるのですが、、、

人生どうなるかわからないから面白いですね。また機会があれば自分のこともこんな感じでシェアしていこうと思います。最後まで読んでくださりありがとうございました。

ではまた次回。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中