アメリカの牛乳

こんにちは、今回はスーパーに買い物に行った時のアメリカの「牛乳」の種類について。なぜかというと、「牛乳を買う時まるで迷路の中にいるようだ」と男性軍から聞いたことがあるからです。実際、昨日スーパーに行ったら、男性が牛乳売り場で早速眼鏡をかけて気合い入れてました。

私は基本的に日本では薄めの乳脂肪分3.5%が好きだったのですが、こちらは全体的にさらに薄味です。こちらでレギュラーミルクと言えば乳脂肪分3.25%のことです。ただし、表示には数値ではなく「Whole Milk」と書かれています。で、乳脂肪分が気になる方は2%又は1%もポピュラーです。さらに、スキムミルクもあります。

Whole Milk(Regular Milk)3.25%
2% Milk (Reduced Fat Milk)
1% Milk (Low Fat Milk)
Skim Milk(Nonfat Milk) 0%-0.5%

さらに最近はアレルギー用に乳糖の入っていない牛乳や、脂肪を気にするため(アメリカ人も最近は牛乳は体に良くないのを知っている)アーモンドミルクやソイミルク(豆乳)に切り替えてる人も都会では多いです。(都会は意識高め)

また牛の飼育環境などもオーガニックにしてある、オーガニックミルク、ホルモン剤を一切使用してません表示も皆さんチェックしてます。表示を読むところは日本よりもアメリカの方が習慣化していて進んでいると思います。皆さんも是非表示をチェックしてみてください。

さらにはチョコレートミルク、イチゴミルクなどもこちらにありますし、プロテインドリンク、コーヒー用のクリーマー、又はコーヒー用牛乳とホイップクリームの中間乳脂肪分のハーフ&ハーフというものもあるし、ホイップクリームはライトとヘビーに分かれます。日本のホイップクリームのようにお菓子などに使う場合はヘビークリーム(Heavy Cream) を使用してください。

本当はもっとあるけど、もし機会があったらアメリカのスーパーマーケット、覗いてみてくださいね。

ではまた次回。

広告

アメリカの牛乳」への2件のフィードバック

  1. チャーリー

    日本でも「特濃、生乳、乳脂肪○○パーセント、無調整・・・等々」あります。更に各社競ってパーケージもカラフルなので、牛乳売り場の前で立ち尽くす購買者をしばし見かけますが、流石に「ガロン」は見たことがないわ・・・(笑)

    いいね: 1人

    1. 流石に、炭酸飲料をアメリカでも1リットルボトルで売るようになりました。
      ガロンのダイエットコークを抱えて飲んでいた友人が懐かしい。。。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中